法人口座は、口座の名義が会社名になっているタイプの口座です。しかし、会社を立ち上げたからといって必ずしも、法人口座を作らなければいけないという決まりはありません。中には、代表者個人名義の口座で会社を運営している人もいます。この記事では、法人口座と代表者個人名義の口座を徹底比較します。

法人口座の場合

一般的に、法人口座を持っていると、取引先からの信頼感を得られるのが一つのメリットです。また、代表者個人名義の口座と比較すると公私混同を防げる効果もあります。この項では、法人口座の特色と、そのメリットとデメリットについて紹介します。

代表者個人名義口座の場合

代表者個人名義の口座の特色

銀行の法人口座を開設するのは案外難しく、必要な書類をそろえて申し込んでも開設を拒否されることもあります。こうした場合、会社の代表者が自分名義の個人口座を開設し、それを会社の口座とすることも可能です…

代表者個人名義の口座のメリット

サラリーマンの副業・起業があたりまえの時代になってきました。企業の側も、働き方改革を進めていくと従業員の自立を促す方向へと舵を切っていかないわけには行きません。そうすると、税金や社会保険料も個人が…

代表者個人名義の口座のデメリット

なんらかの理由で法人口座を作れない、あるいは作りたくないという場合、会社の代表者の個人口座を会社の口座とすることは違法というわけではありません。実際、そうした形で口座を運営している代表者も少なくな…

>

法人口座とはどのようなものか

© Copyright Compare Personal and Business Bank Accounts. All Rights Reserved.