代表者個人名義の口座の特色

口座開設は個人名義の方がやりやすい

銀行の法人口座を開設するのは案外難しく、必要な書類をそろえて申し込んでも開設を拒否されることもあります。こうした場合、会社の代表者が自分名義の個人口座を開設し、それを会社の口座とすることも可能です。では、法人口座と比較して、個人名義の口座にはどういった特色があるのでしょうか。
まず、口座開設の難易度は法人口座と比べてかなり低いです。とはいえ、近年、不正利用を前提として口座を開設する人が増えているので銀行によって一定の審査は行われます。たとえば、開設を申し込んだ銀行支店の場所と申込者の住所がかけ離れている場合は断られる可能性があります。したがって、申し込むのであれば住所と同一市内にある銀行支店の口座がいいでしょう。

会社の口座として使う場合でも印鑑証明書などの提出は不要

会社の口座として利用することを前提に申し込む場合でも、法人口座の開設を申し込むときのように、履歴事項全部証明書や印鑑証明書を提出する必要はありません。あくまでも個人口座の開設に必要なものを出せば済みます。
口座名義を会社の名前にしたり、フリーランスの人が仕事で使っている別名を口座名義にするといったことは不可能です。昔はこの辺がゆるい銀行も存在していましたが、今は振り込め詐欺などに口座が悪用される可能性があるので、申込者の本名以外の名前を名義にすることはどの銀行も認めていないのです。
今のところ、口座を維持するのにお金を取られないというのも個人名義の口座の特色でしょう。法人口座の場合は維持するのにお金がかかるところが少なくありません。

© Copyright Compare Personal and Business Bank Accounts. All Rights Reserved.