法人口座のデメリット

希望の銀行で口座を開設できるとは限らない

法人口座を開設することのデメリットとしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、狙っている銀行の口座を必ず開設できるかわからない点です。個人口座であれば、自宅の近所にあるという理由でその銀行に開設を申し込んだ場合、断られることはほぼないはずです。しかし、法人口座は様々な理由で開設を断られます。いろいろな銀行で断られて、結局、開設できたのは近所にATMがないところというのも十分あり得るでしょう。
うっかりミスで口座を凍結される可能性があるのもデメリットです。たとえば、法人口座開設後、引っ越ししたにもかかわらずその情報を銀行に伝えていないと、銀行が送った郵便物が宛先不明で返送され、口座凍結の処置を執られるかもしれません。

口座を凍結される可能性がある

法人口座は維持費を取られることもあり、個人口座と比べるとその点はデメリットといえます。しかし、どの銀行でも必ず維持費がかかるわけではなく、かからないところもあるので選択の余地はあります。
会社が破産した場合は、一時的にでも法人口座も使えなくなる可能性が高いというのもデメリットといえるかもしれません。個人口座の場合は、勤務先を解雇されて無職になろうが、金融事故を起こして自己破産しようが基本的にはそのまま使えますが、法人口座の場合、開設先の銀行から融資を受けていると破産した時点ですぐに凍結され、出金できなくなります。銀行が債権の回収を図るためです。口座が凍結されると公共料金の引き落としがされなくなり、オフィスの電気やガスが止まってしまう可能性が出てくるので、なんらかの対処をした方がいいでしょう。

© Copyright Compare Personal and Business Bank Accounts. All Rights Reserved.